ムリせず頑張りすぎない生活

アラフィフ主婦のスローライフのすすめ。日々思う事や、ダイエット、コスメ、旅行などの情報を発信していきます。

牛乳石鹸の赤箱がすごい!洗顔に使ってます。

こんにちは、れいです。

皆さんは、♪ 牛乳石鹸、良い石鹸 ♪ でおなじみの牛乳石鹼は、ご存じですか?

10年以上前になりますが、私は洗顔料を変えたら肌荒れし、皮膚科にまで通ったことがあります。なので、あまり基礎化粧品は浮気しないようにしています。
その時、皮膚科の先生から、固形石鹼をすすめられ、牛乳石鹼を使うようになりました。今回は、私が10年以上も使っている牛乳石鹼赤箱のご紹介です。

  1. 牛乳石鹼 赤箱とは。

    牛乳石鹸共進社株式会社のカウブランド赤箱は1928年(昭和3年)に誕生。すごく歴史ありますね。たしかに昔からお家にあるイメージですね。
    赤箱はしっとり、青箱はさっぱり、です。私は赤箱一筋。
    赤箱の全成分は、石ケン素地、香料、乳脂(牛乳) スクワラン、水、ステアリン酸、酸化チタン、EDTA-4Na、となっています。
    うるおい守るミルク成分&スクワラン配合です。しっとりすべすべのなめらか美肌に洗い上げます。ほんのりとやさしいローズの花の香りです。

    f:id:reiando:20210120120143j:plain

  2. 使い方。

    ● 化粧をしている場合は、クレンジングでメイクを落とします。アイメイクや口紅も丁寧に落としましょう。
    牛乳石鹸が溶けやすいよう、ぬるま湯で牛乳石鹸、手と泡立てネットをぬらします。一度泡立てネットの水気を切ります。泡立てネットに牛乳石鹸を付けて、少量の水を加えながら、空気を含ませ泡立てます。手のひらにテニスポールくらいの大きさの泡を作ります。

    f:id:reiando:20210120120203j:plain

    ● 泡で肌を包み込むようにやさしく洗います。顔の中心から外へ向かって洗いましょう。泡が手と肌の間のクッションになるよう、直接手が肌に当たらないようしましょう。20~30秒で十分です。ゴシゴシ洗わないでください。
    ● ぬるま湯で泡をきれいに流します。肌をゴシゴシこすりすぎないよう、やさしく丁寧にすすいでください。ぬるま湯を肌にパチャパチャと置く感じで、洗い流します。熱すぎるお湯は肌に負担をかけるので注意しましょう。
    ● 柔らかい肌触りの良いタオルで拭き取ります。ゴシゴシこすらず、タオルを肌に置く感じで、水分を拭き取ります。洗顔後は、化粧水や乳液などで、肌を整えましょう。

  3. コスパが良い。

    うちの近くのドラッグストアで100gx3箱入りで300円くらいでした。1箱100円くらいです。ばら売りもありますよ。
    私は、夜の洗顔にしか使ってないので、すごく良くもちます。多分3~4か月くらい使えます。コスパ良すぎ!!

  4. デメリット

    固形石鹸なので、携帯するのに不便です。
    旅行の時とか、大きな石鹸ケースにカラカラ入れて持って行くのはかさばります。1泊2泊の時は、サンプル品とかで済ませますが、1週間位の長期旅行の時におすすめは、小さくなった固形石鹸です。最後まで使い切らず4分の1位になった石鹸を取って置きます。それを持って行きます。洗顔だけなので十分足りますし、余ったら体を洗ってもいいし、捨ててきちゃってもいいと思います。

  5. まとめ

    洗いあがりはしっとりです。つっぱりもありません。
    ほんのり香る花の香りもお気にりです。
    牛乳石鹸赤箱を洗顔に使ってから、お肌の悩みはほとんどありません。
    それが、10年以上使っている理由です。

一度ぜひ、お試しください。

 それでは、また。

【おまけが4点!】【新品】リンネル特別編集 牛乳石鹼「カウブランド赤箱」のある暮らし TJMOOK ※発送まで2~5日頂きます

価格:3,788円
(2021/1/20 15:48時点)
感想(0件)