ムリせず頑張りすぎない生活

ムリせず頑張りすぎない生活

アラフィフ主婦のスローライフのすすめ。日々思う事や、ダイエット、コスメ、旅行などの情報を発信していきます。

ベランダガーデニングをやってみたい② 初心者が育てやすい植物は?

こんにちは、緑と花に囲まれた生活に憧れるれいです。

前回に引き続き、今回もガーデニングのお話です。
前回は道具の話をしたので、今回は初心者におすすめの育てやすい植物のご紹介です。

自分の好きな植物を育てたいですよね。
ですが、やはり初心者なのでいきなり難しい植物に挑戦して枯らしてしまう、なんて事は避けたいです。
最初は手入れが簡単で、丈夫な育てやすい植物から始めましょう。

  • ハーブ系

繁殖力が強く、ほっといても勝手に育ちます。見た目の良いし、食べられる物もあるので、食卓のアクセントにも。
ローズマリー、セージ、ローズゼラニウム、など。

一年中咲いている多年草は、植え替えが不要です。
季節ごとに考える必要もありません。
シュウメイギク、マーガレット、ランタナ、スズラン、など。

葉の中に水分をたくさん含んでいるため、水やりが少なくてすみます。
暑さや湿気に強く、世話があまりかかりません。
サボテンなど。

  • 球根植物

植えっぱなしでOK。丈夫です。
スイセンムスカリスノードロップなど。

  • 観葉植物

寒さに強く、丈夫です。
ゴールドクレスト、アイビー、など。

上記の他にもビオラ、パンジークリスマスローズなどもおすすめです。
うちの近くの一軒家で5月頃にいつもバラが綺麗に咲いているお宅があります。
私は、バラのアーチに憧れているのですが、育てるの難しそう。ベランダではスペース的に厳しいかな。

f:id:reiando:20210129140450j:plain

ベランダガーデニングには他に、土と肥料が必要です。
植物は根から栄養や水分を吸収するので土は大事です。

  • 草花用培養土

ホームセンターなどで売っています。
最初から肥料が配合されている物がいいですね。
プランターに入れる場合は、鉢底石を敷いてから培養土を入れると水はけが良くなります。

  • 肥料

元肥」「追肥」の2種類あります。
最初から培養土に肥料が入っている場合は、元肥は必要ありません。
植え替えをした後、元肥が薄くなって肥料を追加する事を追肥といいます。

さて、後はセンスですよね。
自分の中にイメージを作って、植物を植えていきましょう。
それによって、プランターの大きさは違ってきます。
必要なら棚やフェンスを作ったり、小さな鉢ならぶら下げてみたり、と夢が広がります。

くれぐれも、水やりの時、階下の住人に迷惑がかからないようにしてください。
また、枯葉などで排水溝をふさがないよう注意してくださいね。

私のベランダガーデニングが出来上がったら、写真などアップしたいと思います。

それでは、また。