ムリせず頑張りすぎない生活

アラフィフ主婦のスローライフのすすめ。日々思う事や、ダイエット、コスメ、旅行などの情報を発信していきます。

コラーゲンとコラーゲンペプチドは何がちがうの?

こんにちは、れいです。

コラーゲンって良く聞くけど、いったい何?なにがいいの?と思ってました。
年齢的にお肌とか骨とかに必要だと思うのですが。。。
なので、ちょっと調べてみました。

コラーゲンとは?

コラーゲンはタンパク質の一種です。私たちの体を構成する重要な成分です。
体の20%がタンパク質で、そのうちの30%をコラーゲンが占めています。
コラーゲンは体のどこに多く含まれているかというと、約40%が皮膚、約10~20%が骨・軟骨だそうです。その他に血管や内臓にも存在し、体の基盤の役割を果たしています。

コラーゲンの役割。

コラーゲンは体の細胞同士を結び付ける、支える、外との境界線を作るという役割を果たしています。
細胞と細胞の間にコラーゲンが存在すると外から細胞を守ってくれます。
コラーゲンが細胞同士をちゃんと結び付けられない、支えられなくてバランスを崩す事を老化と言うそうです。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い。

コラーゲンは肉や魚の骨や皮に多く含まれています。
毎日摂りたいところですが、難しいですよね。さらに消化吸収が良くないそうです。
そこで、消化吸収しやすいように、コラーゲンを加熱し抽出・精製したものがゼラチンです。
さらに、ゼラチンを細かく酵素分解したものがコラーゲンペプチドです。分子量が小さいので、水に良く溶け、体への吸収も良くなっています。

コラーゲンペプチドで老化対策。

コラーゲンは体の骨格や筋肉が作られる成長期にあわせ、増えていきますが、ピークは20歳ごろです。
コラーゲンの代謝サイクルが加齢と共に遅くなると体を内側から支える力も衰えます。

コラーゲンペプチドを1日5g、4週間以上摂取すると、肌の水分量の増加、肌の弾力やキメの向上する、という研究結果があります。

さらに、コラーゲンペプチドを1日5g、8週間以上摂取すると、髪の毛の太さが増す、髪にコシが出るという研究結果も。

爪や骨、筋肉にも良い効果があるそうです。
また年を取ると関節が痛い、って聞きますよね。コラーゲンペプチドを1日10g、3ヵ月以上摂取したところ、痛みが軽減したという研究結果もあるそうです。

f:id:reiando:20210413173931j:plain


こんなに良い事ずくめのコラーゲンペプチド、摂取したいけど、何を選べたいいのか迷ったら、「コラゲネイド」がおすすめです。

 「コラゲネイド」はcollagen(コラーゲン)とaid(助ける)の造語です。
1918年の創業以来、ゼラチン・コラーゲンを各分野の企業に提供する素材メーカーだった「新田ゼラチン」が初めて自社ブランドの製品を作り上げたのが、コラーゲンペプチド100%の「コラゲネイド」です。
私が購入した「コラゲネイドはじめてセット 」には、

  • コラゲネイド詰め替え用パック110g
  • 詰め替えミニボトル(白フタ)
  • スプーン15㏄、

が付いていました。送料無料で1300円でした。

f:id:reiando:20210413172921j:plain

味もニオイもない溶けやすい顆粒タイプです。
原材料名は豚コラーゲンペプチドです(ゼラチン含む、国内製造)
1日5~10g(付属のスプーン1~2杯)を目安に日々の飲み物や料理に溶かして摂取します。コーヒーやジューズ、ご飯を炊くときに、味噌汁やスープに、ヨーグルトに!
コラゲネイド1gでコラーゲン1000㎎摂取できます。
私はコーヒーに入れて飲みました。ニオイもなく、普通のコーヒーでした。

 f:id:reiando:20210413173501j:plain

加齢やストレスにより代謝が衰えると、体内のコラーゲンが古くなり不調のもとになるそうです。
低分子に分解したコラーゲンペプチドを摂取することで、細胞が活性化されるらしいですよ。
お肌のため、爪のため、毎日、飲み物などに入れて接収したいと思います。

それでは、また。