ムリせず頑張りすぎない生活

ムリせず頑張りすぎない生活

アラフィフ主婦のスローライフのすすめ。日々思う事や、ダイエット、コスメ、旅行などの情報を発信していきます。

「さんふらわあ さっぽろ」で大洗から苫小牧へ行く。

こんにちは、れいです。

今年の夏休みの旅行ですが、結局、予約したハワイはキャンセルし、その後予約した「ぱしふぃっくびいなす」もキャンセルしました。

 

reiando.hatenablog.com

 

そして、さんふらわあで北海道に行く事になりました。
2泊3日の弾丸ツアーです。 

今回は、行きに利用した「さんふらわあ さっぽろ」の乗船記です。

 

さんふらわあ

商船三井フェリー」の船で、茨城県の大洗と北海道の苫小牧間を約18~19時間で運航しています。
夕方便と深夜便があります。
夕方便は「さんふらわあ さっぽろ」と「さんふらわあ ふらの」が交互に運航しています。
深夜便は「さんふらわあ しれとこ」と「さんふらわあ だいせつ」が交互に運航しています。
運休日がありますので、詳しくはHPの運航スケジュールをご確認ください。

イカーと一緒に行くことができます。
さらに夕方便には、ペットも一緒に泊まれるお部屋もあります。
今回、私たちは人間だけで乗りました。

 

パシフィック・ストーリーの切符

茨城県大洗まで行くのに、電車でも行けますが、お得な切符「パシフィック・ストーリー」というのがあります。

  • 東京駅ー水戸駅ー大洗までのバス。
  • 夕方便のさんふらわあ(客室はツーリスト)。
  • 苫小牧ー札幌駅までのバス。

これらが含まれている切符です。車で行かない方は大変お得です。
上等級のお部屋に泊まりたい場合は、差額を払えばOKです。
私たちもこの切符を利用しました。
予約は電話のみみたいです。

 

さんふらわあ さっぽろ

夕方便のさんふらわあは、総トン数13816トン、全長199.7m、全幅27.2m、旅客定員590名です。
客室もツーリストからバルコニー付きのスイートまで様々あります。

深夜便は、夕方便よりちょっと小さめで、旅客定員も154名、客室も今はカジュアルルームのみです。

私たちは今回、コロナ過という事もあり、個室を取りました。
スーペリアオーシャンビュー和洋室です。(4名定員)
プレミアムもいいな、と思ったけど、空いていませんでした。
室内には、ベッド2台、折り畳みマットレス2台、テレビ、冷蔵庫、シャワー&トイレがあります。

けっして広いとは言えないけど、家族3人なら十分です。
玄関は狭かったなぁ。

シャワーは大浴場に行ったので、使いませんでした。

さらに、パジャマ、バスタオル、フェイスタオル、スリッパ、電気ケトル、ドライヤーもあり、ビジネスホテルみたいですね。
個室にはアメニティも用意されています。
ボディータオル、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシセット、抗菌おしぼり、綿棒。

 

夕方便は施設も充実。
展望浴場&サウナ、レストラン、ショップ、キッズランド(現在閉鎖中)、ベビールーム、ゲームコーナー、ドッグラン、ペットルーム、コインロッカー、給湯室、喫煙コーナー、自販機コーナー。


2017年に就航した船なので、比較的新しく綺麗です。
どこかのホテルロビーみたいです。

 

18:30にレストランがオープンしたので、夕食を食べに行きました。
夕食は、大人2000円、小学生1000円。
朝食は、大人1200円、小学生900円。
2食セットは、大人2700円、小学生1700円とお得です。
バイキング形式で、ドリンクバーが付いています。

デザートは別腹 ♪ 美味しゅうございました。

さんふらわあ就航50周年という事で、ワンピースとコラボしていて、追加料金を払えば、コラボメニューが食べられます。

レストランで食べない人は、持ち込んで、個室で食べたり、海の見える椅子に座って食べたりする人もいました。
給湯室に電子レンジもありました。

こちらは朝食。


昼食時には、軽食(うどんやピザトースト)が販売されます。
私たちは朝食たくさん食べて、あまりお腹が空いていなかったので、ショップでサンドウィッチを買って食べました。

レストランの食券を買う時は、現金のみでした。
ショップは電子マネーが使えますが、電波が悪い時は使えないそうです。

ショップには、茨城や北海道のお土産はもちろん、飲み物、お菓子、軽食などがあります。
あと、自販機が至る所にあります。

携帯と地上波TVは、ブチブチ切れましたが、つながる時はつながりました。

展望浴場は、夜と朝に入りました。
夜は周りは海なので、何も見えません。
でも、朝の海を眺めながらの入浴は最高!
洗い場は、15席位あって、ボディソープとリンスインシャンプーがありました。
洗面所には、ドライヤーと冷水器がありましたよ。

朝7時半頃、苫小牧深夜発の「さんふらわあ しれとこ」と青森県の鮫角あたりで、すれ違いました。



大洗発は19:45ですが、乗船手続きは16:00から始まっています。
乗船できるのは、18:00頃です。
苫小牧着翌日13:30で、17時間45分、長いな~なんて思っていたけど、今思うとあっと言う間だったなぁ。

車やバイクの方は、駐車した階によって下船する時間が指定されていました。
徒歩の方は、多分一番先に下船できました。
夏休みという事で、子供連れ家族、一人ライダーが多い感じでした。

昔、カーフェリーと言うと2等の雑魚寝っていうイメージでしたが、とっても綺麗な船でした。
船酔いを心配して酔い止め薬を持参しましたが、飲みませんでした。
夜中、何度か起きましたが、、、

乗った船の全景の写真がありませんでした。
こちらは、乗るときに撮ったものです。半分。。。

 

大満足の「さんふらわあ さっぽろ」でした。

 

関連会社の「株式会社フェリーさんふらわあ」が運航する、大阪や神戸発着の九州方面に行くさんふらわあもあります。
乗ってみたくなりました。

 

それでは、また。

 

にほんブログ村に登録しました。
ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村