ムリせず頑張りすぎない生活

ムリせず頑張りすぎない生活

アラフィフ主婦のスローライフのすすめ。日々思う事や、ダイエット、コスメ、旅行などの情報を発信していきます。

ハワイアンジュエリーの歴史について。

こんにちは、れいです。

またまたハワイネタです。
ハワイアンジュエリー」ってハワイ好きなら一度は聞いたことあると思います。
ハワイに行った際、お土産に買ったことある方もいるかもしれません。
今は、日本に居ながら、ネットでも購入できますね。
今回は、ハワイアンジュエリーのお話です。

ハワイアンジュエリーの起源は、19世紀のイギリス、ヴィクトリア女王時代までさかのぼります。
当時親交のあったハワイ王朝のリリウオカラニ女王は、ヴィクトリア女王から名前の掘られたゴールドのブレスレットを贈り物として受け取ります。
リリウオカラニ女王は、そのブレスレットが大変気に入り、同じようなものをハワイで作らせました。
そして、そのデザインがハワイで流行したと言われています。

  • 大切な人への贈り物。

イギリスのヴィクトリア女王は、夫の死を嘆き、黒いエナメルのアクセントのついたジュエリーを作らせ、身につけていました。
喪服用のジュエリーでしたが、人気が高まり、流行したと言われています。

また、ハワイ王朝のリリウオカラニ女王は、自身が作曲した「アロハオエ」と掘ったブレスレットを女学校の校長に贈りました。
その女学校の生徒たちが、自分の名前を彫ったジュエリーを身につけるようになったと言われています。

ハワイアンジュエリーは、自分の名前だけでなく、大切な人や恋人の名前を彫ったものが愛されるようになり、大切な人への贈り物となりました。
誕生日、卒業式、結婚式、記念日などの節目に贈られるようです。
そして世代から世代に受け継がれる宝です。その宝には、ハワイの美しさ、文化、伝統や埃があるのです。

f:id:reiando:20210531161959j:plain



ハワイアンジュエリーに掘られるのは、名前だけではありません。
文字がなかった時代、人々は後世に残したい大切な事を歌や踊り、模様として残してきました。
ハワイアンジュエリーには、自然をモチーフにして掘ったものが多いです。
代表的なものと意味をご紹介します。

ハイビスカス:幸せな未来
ハート:愛情、恋愛成就
釣り針:幸せを釣り上げる
マイレ:聖なる結びつき、絆
波:永遠の愛、目標を乗り越える
プルメリア:大切な人の幸せを願う

f:id:reiando:20210531154841j:plain


亀:幸せを運ぶ海の守り神
モンステラ:繁栄、金運
パイナップル:富と財産の象徴
パームツリー:家族愛、守護
サンゴ:女性のお守り、家庭円満

ジュエリーにふさわしい意味があるのですね。

f:id:reiando:20210531155812j:plain



最後に、ハワイのお土産でハワイアンジュエリーを購入した場合、14金が多いと思います。
ハワイやアメリカでは、アクセサリーは一般的に14金で作られています。
なぜかというと、14金は18金に比べ丈夫な素材です。
ハワイアンジュエリーのように【彫る】アクセサリーに最も適した硬さなのです。

 

ちなみに、10金、14金、18金、24金では、金の含有量がちがいます。
10金は金の含有量が42%、14金で58%、18金で75%、24金は100%です。
当然、値段もちがいます。

色の違いについて。
イエローゴールドは、純金と銀と銅が同じ割合で配合されています。
ピンクゴールドは、純金と銀と銅が配合され、銅の割合が多いです。
ホワイトゴールドは、純金と銀とパラジウムが配合されています。ロジウムコーティングされています。

ハワイアンジュエリーの起源はブレスレットでしたが、今は、指輪の他、ネックレス、ピアス、イヤリングなどいろいろ購入できます。
また、デザインも豊富ですね。
ぜひ、自分の気に入ったデザインを見つけてくださいね。


それでは、また。