ムリせず頑張りすぎない生活

ムリせず頑張りすぎない生活

アラフィフ主婦のスローライフのすすめ。日々思う事や、ダイエット、美味しいもの、旅行などの情報を発信していきます。

★当ブログではプロモーションが含まれています★

きな粉のちんすこうを作ってみました。

こんにちは、れいです。

皆さん、お正月にお餅を食べましたか?
私が小さい頃は、年末に祖母の家で𦥑で、餅つきしてましたね。
母は、餅つき機で、餅をついてました。
で、私は、パックに入った切り餅を買っています。

ちょっと話がそれました。
お正月の餅は食べてしまったけど、きな粉が大量に余ってます。
余ったきな粉を消費したくて、お菓子を作りました。

きな粉の「ちんすこう」です。
沖縄のお土産で有名ですよね。
ちんすこうの歴史は古く、琉球王朝時代からあるお菓子です。
でも、当時は王族だけが食べられる王朝菓子だったようです。
今は、お土産屋さんにいっぱい並んでいるけどね。
以前は、菊の型で作っていたそうですが、戦後に今のような細長い形になったみたいです。

材料:きなこ10g、小麦粉70g、三温糖30g、サラダ油30g。
本当はラードを使うみたいですけど、家になかったのでサラダ油で作りました。
白い砂糖も家にはないので、三温糖で。
材料もシンプルで、作り方も簡単ですね。
混ぜて焼くだけ。
170度のオーブンで約12分焼きました。
面倒だったので、丸い形です。

焼きたては、ほろほろと柔らかいので、冷めてからいただきました。
いつもながら甘さ控えめだけど、きな粉の風味が美味しい!
お茶と一緒に。

 

こちらは、先日ネットで購入した、訳ありちんすこう35袋(70個)。
7種類(バニラ、塩、チョコ、ココナッツ、紅芋、黒糖、パイン)の味があって、とってもお得でした。

どこが訳ありなのかわからなかったです。ちょっと割れているくらい。


こちらも沖縄のお菓子、サーターアンダギー。
私大好きなんです。
近くのスーパーで3個240円でした。



今度は、サーターアンダギーを作ってみよう。

 

それでは、また。

 

 

 

Afternoon Teaのティールームで、アフタヌーンティーする?

こんにちは、れいです。

先日、病院の帰り、時間があったので、お茶をしようと、Afternoon Teaティールームに寄りました。
Afternoon Teaアフタヌーンティーしよう!と思ったけど、時間はまだ午前。
アフタヌーンティーは14:00~でした。
アフタヌーンだもの当たり前か。

平日の午前中だったので、店内は空いていました。
でも混んできたら2時間くらいのご利用でお願いします、と言われました。
Afternoon Teaティールームって、土日の午後はいつも混んでいるイメージ。

私は、お茶とパフェをいただきました。
期間限定の苺とアールグレイのパフェです。


お茶は、別紙のChoice of Teaから選べます。
ストロベリーチャイや、スイートフルーツティーは追加料金がかかります。


私は、アフタヌーンティーブレンドにしました。
ポットでの提供です。ティーカップ2杯分は余裕でありました。
さすがに紅茶は濃くて美味しかったです。


パフェ到着。


アイスはストロベリーとバニラでした。
アイスの真ん中にあるアールグレイホイップクリームが美味しい!
アイス1個でもいいからアールグレイホイップクリームもっとほしいくらい。
アイスの下の紅茶スクランブルのザクザク感がいい感じです。
さらに下にグランベリー、ラズベリー、りんご風味のゼリー、苺のソースかな?ジャムかな?がありました。
そんな大きくないパフェだけど、食べごたえがあり、満足、満足。



ちなみに、14時からのアフタヌーンティーのメニューはこんな感じ。

Choice of Sweetsから3品選べます。スイーツはハーフサイズ。
そして、苺のプチカヌレが付きます。
お茶もChoice of Teaから選べます。

今は、季節限定で「苺のアフタヌーンティーセット」でした。

今度は14時以降に行こう。

 

それでは、また。

 

 

 

春待ち、カルディのさくらのお菓子。

こんにちは、れいです。

先日、さくらの開花予報が発表されましたね。東京は、3月17日だそうです。
日本人ってさくら大好きですよね。

先日、カルディに行ったとき、さくらのお菓子が売っていました。
やはり、さくらは気分があがります。ピンク色がかわいい。
今回は、カルディで購入したさくらのお菓子をご紹介します。

右から「桜せんべい」「さくらミルクプリン」「さくらあずきチョコ」「桜ようかん」。
上に上がって「桜まんじゅう」です。


「桜せんべい」は、かわいいピンク色のえびせんべいです。

国産桜葉使用。あざやかなピンク色がかわいい。ぱくぱく食べちゃいます。

「さくらミルクプリン」は、パンダシリーズのプリンです。
ちょっと切り方が雑ですみません。

500mlで量もたっぷりあります。
冷蔵庫で冷やしていただきました。
さくらの風味とミルキーな味わいが特徴のぷるぷる食感のプリン。
原材料をみると、桜葉エキスが入っているようです。
でも、そんなに桜葉の香りはしませんでした。
写真だとわかりにくいのですが、ほんのりピンク色でかわいいです。


「さくらあずきチョコ」は、あずき甘納豆のまわりをホワイトチョコレートで、コーティングしてあります。

そして、桜餅をイメージした甘じょっぱいさくら葉パウダーをかけてあります。
小粒でかわいい&美味しい。

 

「桜まんじゅう」は、こしあんの小さなおまんじゅうです。

国産の桜葉を生地に練りこんであるのがが見えますね。
お茶うけにいいですね。

 

「桜ようかん」は、まだ食べていません。
日持ちするので、仏壇にお供えしました。

 

 

以上、カルディのさくらのお菓子の紹介でした。
さくらの開花が待ち遠しいですね。
今年は、制限がないので、お花見がいろんな所で盛大に行わそうですね。

 

それでは、また。

 

reiando.hatenablog.com

 

reiando.hatenablog.com

 

ミニパンケーキが無料?星乃珈琲店のモーニング。

こんにちは、れいです。

先日、星野珈琲店に行ってきました。
昨年12月に、JR東海道本線辻堂駅直結のテラスモール湘南1階にオープンしました。
行こう行こうと思いつつ、約2カ月たってしまいました。
星野珈琲店と言えば、スフレパンケーキが、有名ですね。
営業時間は、08:00~21:00です。

店構えはこんな感じ。


中は、奥がけっこう広かったです。
壁には、洋書などが飾られていて、落ち着いた雰囲気。
長居できそうです。



私は平日の午前中に行ったので、モーニングサービスの時間でした。
平日のモーニングサービスのメニューはこんな感じです。
週末は、ちがうのかな。


コーヒーは500円です。
で、トースト&ゆで卵 またはミニパンケーキ付のモーニングもコーヒー付きで500円てす。
これって実質トーストやミニパンケーキは無料って事?

 

私はミニパンケーキと星乃ブレンドを注文しました。
あ~、コーヒー、美味しい。


ミニパンケーキは予想と違って、外はカリッとしていました。
ホイップパターが、とけてしまうので、メープルシロップもかけて早速いただきます。


中はふんわりしていてて美味しい。
ミニなので、あっという間にペロリでした。
ミニパンケーキは、+100円でおかわりできます。


500円の飲み物はこちら。
コーヒー以外もあります。
また、プラス料金が発生しますが、カフェオレなどもあります。



となりの方が食べていたフレンチトーストも美味しそうでした。チラ見しちゃった。
フレンチトーストのモーニングセットはゆで卵付きで700円。
ってことは、フレンチトースト&ゆで卵は、実質200円。


モーニングセットのミニパンケーキはレギュラーメニューのスフレパンケーキとは違うのかな?
窯焼きスフレパンケーキは、シングル580円、ダブル780円でした。
今度は、モーニングの時間以外に来よう。
窯焼きスフレパンケーキにしようかな、フレンチトーストにしようかな。

 

ドリア、カレー、サンドウィッチなども軽食もありましたよ。
あと、ケーキも美味しそうでした。

 

それでは、また。

 

 

 

無印良品のチョコレートをバレンタイン用に。

こんにちは、れいです。

もうすぐバレンタインデーですね。
だれかにあげる人、もらう人。
手作りする人、買う人。
私は買う人です。
といってもあげるのはダンナと息子です。

先日、無印良品に行ったとき、チョコレートを買ってきました。
たくさん買うつもりじゃなかったのですが、どれも美味しそうで、つい。
そうだ!これをバレンタインのチョコレートにしよう!

購入したのは6種。
ご紹介しますね。

 

「フィナンシェショコラ 3種のアソート」650円。
ミルフィーユショコラ 3種のアソート」550円。

3個入りでこの値段はちょっと高いかなぁ。
フィナンシェの方は、普通の袋とちがって中身が見えません。
アーモンド、オレンジビール、ラズベリーをトッピング。

ミルフィーユの方は、キャラメル、ヘーゼルナッツ、ストロベリーのクリームをサンドしてあります。
そして、3種類のチョコレートをかけて仕上げてあります。

 

「ボンボンショコラ ヘーゼルナッツ&塩キャラメル」450円。
「チョコがけクランチ ナッツ&ベリー」399円。

ボンボンショコラは、個包装になっていて2種類6個入り。

クランチの方は、ナッツ&クッキーのクランチと、いちご&グランベリーのクランチにチョコレートをかけてあります。
こちらも個包装で、バラまきに良いですね。

以上4点は、あげる用です。

「カカオトリュフ ヘーゼルナッツ」350円。
「3種のチョコがけミックスナッツ」350円。

こちらの2点は、私のおやつ用です。
ナッツ好きなので、カカオトリュフのヘーゼルナッツ。
ピスタチオと迷いました。

そして、これ絶対買うでしょう。
アーモンド、クルミカシューナッツの3種のナッツに、ダーク、ホワイト、ミルクチョコレートでコーティングしたやつ。大好きなやつ。
ナッツとチョコレートの組み合わせを考えた人、天才!
袋にチャックが付いているので、保存にもいいですね。
食べすぎ防止にも。
気が付いたら一袋食べそうで、怖い。

 

バレンタイン用に簡単にラッピングしてみました。


それでは、また。

 

reiando.hatenablog.com

 

reiando.hatenablog.com

 

 

 

 

 

お題「高校生に戻ったらしたいこと」

お題「高校生に戻ったらしたいこと」

 

こんにちは、れいです。

お題「高校生に戻ったらしたいこと」は、ずばり「恋愛」です。

私は公立高校だったけど、女子校だったんですよ。
男子ももちろん入学できますが、いませんでした。
女子の中に一人男子が入るって難しいのかな。
逆に男子の中に一人女子が入るのは平気なんだろうけど。

女子高だからといって、高校生活が楽しくなかったわけじゃありません。
女子高は女子高なりに楽しかったし、部活も楽しかったですよ。
入学式の日、体育館に集まった生徒が全員紺色のセーラー服を着た女子ばかり(当たり前だけど)なのは、ちょっとびっくりでした。

学校に男子がいないので、当然学校外で恋愛対象を探さないとなりません。
文化祭の時、友達(けっこうかわいい子)が男子と一緒に歩いていて、(私に見つかって照れくさそうにしていたけど)いったいどこで出会ったのか不思議でした。
あと別の友達から、電車通学で、同じ電車に乗っている男子を逆ナンした!とか聞きました。

そうゆう訳で、高校生活3年間は、全然色気なしの生活でした。
一番輝いているハイティーン時代に、恋愛したかったなぁ。青春したかった。

 

ちょっと話がそれますが、息子は現在高校受験に向けて猛勉強中です。
ダンナは、(大学付属の)私立でもいい、と言いますが、本人は公立高校を第一志望校にしていてそれに向かって頑張っているんだから、余計な事を言うな!って感じです。
まあ、公立でも私立でも高校生活はそれなりに楽しいと思うんですよね。
塾や学校で、いろいろ言われていると思うので、家ではあまり「勉強しろ!」とは言いません。
家は、ゆっくり息抜きできるところで、いいんじゃないかな、思います。
息子くん、ラストスパートだ!

 

それでは、また。

 

遊行寺の豆まきと、手作りの恵方巻。

こんばんは、れいです。

今日はは節分ですね。
皆さんは豆まきしましたか?
恵方巻は食べましたか?
今年の恵方は東北東です。

何年か前、江島神社の豆まきに行ったことがあります。
今年は時間が合わず、行けませんでした。
代わりに、遊行寺の豆まきに行ってきました。

遊行寺

正式には、藤澤山無量光院清浄光寺といいます。


東海道随一と謳われる木造本堂をはじめとした伽藍(がらん)や樹齢700年と推定されるいちょうの木も有名です。
今の季節は枯れ木。


季節を問わず、多くの市民の憩いの場となっています。

アクセス

JR東海道線小田急江ノ島線江ノ島電鉄の「藤沢駅」から徒歩約15分。

バスは、藤沢北口4番または5番のりばより「戸塚バスセンター行」「大船駅西口行」に乗車し、「藤沢橋」下車。

 

豆まきは、邪気を祓い、福を呼び込み、一年の幸福を祈る行事です。


遊行寺の豆まきは、13時半と15時にありました。
最初の30分くらい法要があり、その後豆まきです。
今年の年男、年女が壇上から豆をまきます。
なんと、豆まきには各種景品が当たる券が入っているそうです。
スポンサーがたくさんいるのですね。


私も福豆をゲットしました。嬉しい~。
当たり券は入っていませんでしたが、今年も福が来そうです。


梅の花が咲いていましたよ。
まだまだ寒いけど、ちょっと春の気配。



 

夜は恵方巻を作りました。
スーパーで買おうかな、と思いましたが、やっぱり作った方が安上がりだし、好きな具材を入れられるしね。
恵方巻の具材って決まっているのでしょうか。
私が入れたのは、きゅうり、卵焼き、カニカマ、シイタケのうま煮、いくら、そぼろ、チーズです。
なんとなく7種類にしました。
食べにくいので、切って食べました。
包丁にお酢を塗って切ると、きれいに切れますよ。



それでは、また。